ENTRY
ENTRY
jump oneの仕事をインタビューも交えて紹介します。
働き方は、インストラクターと本部スタッフの2通り。
01
開店準備
フロアの清掃や、トランポリンなど機材のチェック。照明や音響の確認。タオル、アメニティの補充などを行います。
02
ミーティング
ミーティングは情報の共有だけでなく、ほかのメンバーとのつながりを深めるためのものです。一つになって未来へ向かう、大切な場です。
03
接客
エントランスでお客様をお出迎え。はじめての方へのアテンドや、ジャンプのコツを教えるなど、お客様とコミュニケーションをとります。
04
レッスン
インストラクターが本領を発揮するステージです。音響や照明を操作し、お客様の気分を高め、jump oneの世界へ引き込んでいってください。
TEPPEI
[インストラクター] AKHB
2018年入社
SATSUKI
[インストラクター] GNZ1兼ライティング
2017年入社
YASUKA
[インストラクター] トレーナー
2015年入社
キャリアパスを見る
01
メールチェック
店舗からの日次報告や申請書、取引先からの商談依頼など、様々なメールに目を通し返信します。メールも大切なコミュニケーションツールのひとつとして捉えています。
02
臨店・スタッフ面談
スタッフとの面談ではスモールトークから悩み相談までどんなことでも真剣に傾聴し、アドバイスを行います。また、店舗のQSCAを管理し、“最高の顧客体験”の提供を促進します。
03
数値分析・戦略ミーティング
ブランドの現状を把握し、そこから課題を抽出します。課題に対する対策を洗い出し、解決・改善するためのアクションプランを立て実行します。同時に、立てたアクションプランを100%実行するための仕組みも考えます。
04
取引業者・デベロッパーとの折衝
ビルオーナーや管理会社と円滑にコミュニケーションを取ることも非常に重要。また、各種代理店やコンサルタントと、ブランドがより良い方向に進むための折衝は欠かせません。
YASUMITSU
[総合職] エリアマネージャー
2017年入社
キャリアパスを見る