voice jump one 採用サイト
JOB LIST
JOB LIST
INTERVIEW
YUKA.T
[インストラクター] インストラクター
(2020年入社)
SCENE
01
jump oneに惹かれて、人生を賭けた就職活動

Q
jump oneに入社を決めた理由を教えてください。
A
もともと運動をすることが好きで、スポーツトレーナーの専門学校に通っていました。就職活動の軸は『体を動かせる仕事』。その時にjump oneを知り、そのまま選考へ。他の企業の選考を受けずに就職活動を終えました!なぜここまで惹かれたのかというと、理由は主に3つです。
1つ目は仕事内容が楽しそうだったから。もともとスポーツは大好きですが、歌手になりたいと思っていたくらい音楽も大好きなんです。だからスポーツ×音楽という私の好きが詰まっている仕事に惹かれないはずはありませんでした。
2つ目はとにかくレッスンが楽しかったから。実際にレッスンを受けに行ったときの楽しさが忘れられませんでした。わたしは昔から好きな事しかしたくない性格ですが、「自分自身が楽しみながら、お客様を喜ばせることができる仕事。もうやるしかないじゃん!」ってなりましたね。
3つ目はインストラクターがかっこよかったから。明るく気さくで、かっこいいパフォーマンスでお客様を楽しませている、そんなキラキラした存在に憧れました。
SCENE
02
苦しいときに支えてくれたのは、
尊敬できる上司・先輩

Q
苦労したことを教えてください。
また、どのように乗り越えましたか?
A
この仕事は自分が商品なので、何か辛いことがあってもお客様の前では切り替えて明るくパフォーマンスする必要があります。最初はそれがすごく大変でした。
また私の場合、最初の方は全然レッスンチェックに合格できず苦戦。「同期はどんどん次のレッスン取得に進んでいるのに私は同じところで失敗している...」と比べて落ちこむことも。「次落ちたら絶対やめる」って何度も思いました。そういうときに限って受かるんですけどね!
そんな辛く大変なことがあっても、的確なアドバイスをくれる上司、忙しい中一緒に練習してくれる先輩、励ましてくれる同期がいたので頑張ることができました。そんな周りのサポートがあったからこそ、乗り越え、今では同期の中では1番レッスンを取得することができています。
「この人みたいになりたい!」と尊敬できる上司や先輩に囲まれて幸せです。
SCENE
03
上司の後押しがあったから、
成長できるチャンスを掴めた

Q
入社2年目にして、新店舗立ち上げメンバーに選ばれたんですよね?
A
船橋店に1年間いたので、違う店舗も経験してみたいとは思っていたんです。でも新店舗は不安だと上司に言っていたんです。大変なことはわかっていたし、何より自分にできるはずないと思っていたから。でもその時に、エリアマネジャーのRikaさんと話す機会があって、「新店舗って携われる人そんなにいないんだよ。そんないいチャンスに選ばれることはそう多くないし、良い経験になるから頑張ってみなよ!」と言ってもらえてやる気になりました。
今はもう不安はなく楽しみの方が多いです!イチからお店を作っていくことに入社 2年目で携わらせてもらえる環境ってなかなかないと思っています。
まずは、新店舗を成功させるために頑張ります!