voice jump one 採用サイト
JOB LIST
JOB LIST
INTERVIEW
MISAKI
[インストラクター] インストラクター
(2021年入社)
SCENE
01
最後まで妥協しなかった就職活動。
そして出会えた仕事

Q
学生時代はどんなことをしていたのか、
そしてjump oneに入社を決めた理由を教えてください。
A
学生時代は経済学部でスポーツ関係の勉強をしていたわけではありませんでした。でも、スポーツは元々好きで、大学ではライフセービング部に所属していました。就職活動は、初めのうち別の業界を見ていたのですが、惹かれる企業はなく...。もっと視野を広げて企業を調べていたら、jump oneに出会いました。インストラクターが教えるというより、お客様参加型のエンターテイメント性やブランド理念に惹かれ説明会に参加。そこで初めてレッスンを受けて、楽しさとインストラクターのかっこよさに鳥肌が立ちました。「ここだ!ここで働きたい!」「こんなインストラクターになりたい」と思ったんです。妥協せずに、しっかりと就活を行った結果、「入社したい」と思える企業に出会えました!
SCENE
02
手厚いメンター制度があったから迎えられた、満席の初レッスン

Q
実際に働いてみた印象はどうですか?
A
最初はインストラクターの仕事をするイメージだったので、レッスン以外にアパレルやフードの販売、設備メンテナンスなど様々な業務に携われることに、いい意味でギャップがありました。沢山の業務を任せてもらえるので、毎日が充実しています!
また、最初は私にできるか不安なこともありましたが、しっかりと研修を受けてから店舗配属という流れがあるので、安心して働くことができました。それにメンター制度というものがあり、店舗に配属後、1人ひとりにメンターが付きます。そのため分からないことをすぐに聞ける環境があり、スムーズに仕事に慣れました。
店舗配属されてから、約2週間でインストラクターデビューしました。初めてのレッスンは満席!
レッスンをする前に、お客様に挨拶させてもらったのですが、みなさんすごく楽しみにしてくれていて。満席での初レッスンは緊張しましたが、温かい雰囲気ですごく楽しかったです!一緒に働くメンバーだけではなくて、良いお客様にも恵まれています。
SCENE
03
jump oneで築いていきたいキャリア

Q
やりがいと今後の目標を教えてください。
A
レッスン取得に苦労した分、インストラクターとしてお客様の前に立ち、お客様が楽しんでくれている姿を見るとやりがいを感じます。またレッスンが終わった後に「楽しかったよ!ありがとう」などありがたい言葉をいただけたときは、何よりも喜ばしい瞬間です。
あとは、トライアルに来て下さるお客様のカウンセリングを担当したときに、その場で入会してくれるお客様が増えてきました。今までは初対面のお客様の心を開くことが難しく、カウンセリングが苦手だったので、日々出来ることが増えて成長を実感できています。
今後は、期間限定イベントの"Summer"や"Halloween"などのレッスン取得を目指したいです。それが直近の目標です!あとはやっぱり、インストラクターとしてお客様や他インストラクターに慕われる存在になりたいですね!そして今はまだぼんやりしていますが、サブストアマネジャー、ストアマネジャーになったあとは、自分でプログラムを作ってみたいです。私が作ったプログラムの曲や構成がどのようにお客様に喜んでもらえるのか見てみたいと漠然と考えていますね。